メニュー

ご挨拶 - 医薬化粧品産業労働組合連合会-医薬・化粧品産業に関わる労働組合

ご挨拶

ご挨拶

                         

「人に寄り添い、社会に尽くす」

 

■コロナ禍での経験

「世界の人々の健やかでいきいきとした暮らしへの貢献」を実現する為、2018年10月に新たな産業別組織の設立という大きな一歩を踏み出した薬粧連合は、この秋、設立より5年を迎えることとなりました。

この間、COVID-19感染症のパンデミックにより、世界は大きな不安に覆われ、不幸にも数多くの尊い命が失われました。しかしながら、暗闇の中の光の如く誕生したワクチンと治療薬は、世界中の人々に希望をもたらし、あらためて私たちの産業の存在意義を明らかにしたと言えます。

 

■私たちの産業の使命

一人ひとりがより良い人生を生きる為、そして毎日を明るく輝いて過ごすために、医薬化粧品産業で働く私たちができることは数多くあります。患者さんとそのご家族、そして世界の人々に期待され求められる価値・ソリューションを創出し、安定的に届け、安心して使っていただく、この使命を果たし社会からの信頼を得ることで、産業の健全で持続的な発展と働く人々の幸福を実現することができます。

薬粧連合はその中心となり、目指す姿の実現に向けて行動します。

 

■産業を巡る変化

一方で、人々の生命と健康に直接関わる産業であるが故に、医薬化粧品産業は、様々なルール・制約の中で事業を行わなければなりません。更に近年は、社会構造の変化、グローバル化、テクノロジーの進展といった社会全体の変化を受け、市場環境・事業環境はこれまで以上に激変しています。不安定さが増す中で、私たちのキャリアや生活、更には雇用にまで影響が及ぶ事業再編や合理化施策も相次いで行われるなど、安心して働くことができず、将来に希望が持てない状況も生じています。素晴らしい人材が集い、これからの日本を支える成長産業であり続ける為にも、私たち自身の手で現状を打開していく必要があります。

その為に、医薬化粧品産業で働く者の立場から産業の健全で持続的な発展に資する政策を立案し、業界団体や行政との緊密な連携のもと、その実現に向けて行動します。

 

■私たちの働き方、暮らしの変化

社会全体の変化は、産業のみならず私たちの働き方や日々の暮らしにも大きな変化を及ぼしています。職場の在り方、働く時間や場所、人とのコミュニケーション、仕事と生活のバランス、家族の在り方、地域社会との関わり、キャリアの捉え方、など、日々の営み全般が変化に晒されると共に、多様な価値観が生まれています。

高度化・専門化・細分化する仕事の環境下で、多様な価値観を持った人たちが協働することは困難も伴いますが、力を合わせることができれば創出される価値はより大きくなる可能性を秘めています。

また、他者を尊重しながらも自分らしくいきいきと安心して働くことのできる職場で働くことで、一人ひとりが心豊かに毎日を過ごすことができるはずです。

社会に対する価値創出と働く人々の幸せの追求の実現に向け、薬粧連合は、加盟組合の活動の高質化、加盟組合間の情報・活動の連携強化、更には企業内の健全な労使関係構築の支援を通じて、労働組合だからこそできる職場作りと労働環境整備を推進します。

 

■大同団結に向けて

ここまで述べてきた医薬化粧品産業の健全で持続的発展に資する政策の実現と、働く人々の幸福につながるより良い環境づくりの為には、産業で働く人々の力を結集することが必要です。「医薬化粧品関連労組の真の産業別組織」という夢の実現に向けて一歩を踏み出した薬粧連合として、産業で働く人々の大同団結に向けた行動を牽引します。

 

■薬粧連合として第二ステージへ

設立5年を迎え、これまで構築してきた基盤をベースとして、産業別組織として更なる進化・深化を果たしていくステージに入りますが、薬粧連合として掲げてきた「世界の人々の健やかでいきいきとした暮らしへの貢献」と「働く人々の幸福の追求」という理念に変わりはありません。

労働組合の原点は組合員の皆さんが働く「職場」であることを忘れず、一人ひとりに寄り添い、一方で、私たちが社会に対して求められる存在であり続けることを大切に、「人に寄り添い、社会に尽くす」を合言葉として、加盟組合の皆さんと共に、目指す姿の実現に邁進して参ります。

 

 

DSC04005 2

画像1

©医薬化粧品産業労働組合連合会 [LOGIN]